横浜のマンションの修繕工事が終わって綺麗になりました

以前とは全く違った印象になり満足

修繕 工事 横浜 | 大規模修繕工事の業者を選ぶポイント | 横浜などの神奈川県エリアで ...

玄関扉を取り外して内側部分まで塗装をするので、住人が必ず在籍して欲しいということが条件になっていたので、共働き世帯などは予定を合わせることが大変なときもあったようです。
幸い、自分の家は定年退職をして家にいる時間が長いので、希望などを特に伝えずにいたら、かなり早い順番で塗装をしてもらうことができました。
さいきんの塗料は進化をしているようで、匂いがほとんどありませんでしたし、塗り直したとは思えないような自然で美しい仕上がりになっていたので驚きました。
玄関扉と老化の色が代わりましたし、くたびれていた部分は修繕をして部品を交換するなどしてもらえたので、以前とは全く違った印象になり満足しているのでこれからも大事に住んでいきたいです。

1923(大正12)年に作成された地図(横浜開港資料館蔵)は関東大震災による焼失区域を示す。
横浜市電はわずか1か月余りで表のように不死鳥のように蘇る。
浅山橋の修繕工事で敷設されたレールが発掘されたが、現在、市電保存館の倉庫で眠っている。
八木義之さんによればまだ西平沼橋にも・・・。
pic.twitter.com/n7bCVH24VF

— 横浜市電保存館 (@shidenhozonkan1) 2017年5月31日

マンションに引っ越しました / マンションの修繕計画 / 以前とは全く違った印象になり満足